一生肌身離さず結婚指輪

婚約指輪を結納の際いただき、そのあと恋愛で結婚するにあたり欠かせないのが結婚指輪。
女性の憧れのアクセサリー。
彼氏と彼女から旦那と嫁になるにあたって、一生肌身離さずつけるアクセサリー。
自分で選ぶか、もしくは彼に選んでもらいそれをつけるか。
わたしは前者で自分が一生身につけるものは自分が納得するデザインではないと納得できないタイプ。
そして、女性ならきっとみんなが思うことだと思うのですが、結婚後に会った友達に、まだ結婚をしていない友達に会う際羨ましがられたい、結婚指輪してるんだー。
という様に幸せの絶頂に居たいと思うものです。
左手の薬指に止まっている指輪が、彼氏と彼女の場合だと大抵は、私の場合はシルバーリングでお手頃なものでしたが結婚指輪だとホワイトゴールドだったりプラチナだったり。
はたまた、デザインといえば、メレや、カット、バヴェ、立爪。
ほかにも挙げればきりがありませんが一生モノなのでいろいろあるとは思いますが、私は友達に羨ましがられるのが一番、あとは自己満足でブランドもののすぐ見て分かるものを選びました。
シンプルなものともすごく迷いましたが、婚約指輪にダイアモンドが一粒ついたシンプルなものを頂いたので毎日身につけて自分の目にも止まるものは大好きなブランドの結婚指輪がいいなと思い彼にも提案し了承を得て購入してもらいました。
よく男性でも結婚指輪をしている男性で営業マンだったり、取引先の方とやり取りをするお仕事をされている方だとある程度年齢を重ねた際には結婚指輪をしている方がお客様や取引先の肩に安心感を与えると聞きました。
女性にもそのようなことはあるのかなとふと考えました。
やっぱりありますよね。
ジャラジャラといい年をとった女性がきらびやかに指を飾っているのはどうかと思うのですが、シンプルに左手の薬指にキラッと光るものを止めているというのは見ていて美しいなと私は思います。
男性のように貞操上というのはあまり感じませんが、女性もある程度年齢を重ねた際には一昔前の考えかもしれませんが、結婚している方が一般的だなと思われるのかなあとも思います。
自分が結婚指輪を購入で迷っていたり購入直後などは知らない相手や働いている先の人がしている指輪がとっても気になりますよね。
性格が悪いかもしれないですが、このひとはこうゆうデザイン選んだんだ。
とかこんなにダイヤモンドがついているもの買ってもらったんだ。
と羨んだり優越感に浸ったりと。
でも幸せの象徴の結婚指輪は私にとって一生モノです。